MicroSDが再び安くなってきた

2年ほど前に32GBで1000円以下、64GBで2000円以下になったものの1年ほど前から価格が上昇、32GBで1600円、64GBが3000円前後が最低価格でしたが10日くらい前にAmazonでSanDiskの64GBが2390円だったので1枚ゲット。(更に下がる可能性を見込んで)。ただ、今見たら2500円に値上がり・・・。SanDiskのSDは偽物が出回ってるので注意が必要ですがベンチマーク結果やAndroidアプリのSD Insightでのベンダー名表示から考えて本物のようです。ちなみに並行輸入品と国内正規品という違いはありますがYカメラでは現在12310円。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

SSDドライブがまた壊れた・・・

ここ6年で5台目。シリコンパワー製が1台で残りはすべてADATA製・・。ちなみに、Transcendや東芝、SandiskのSSDは壊れたことがない。鯖に使っているキングストン製のSSDに至っては24時間稼働で8年くらい動いている。以前壊れたシリコンパワーのSSDは書き込みが不可で読み込みはOKという症状だったのでバックアップ後新しいSSDにリカバリで復活だったがADATAのは起動中にフリーズやBIOSでの認識すらしない壊れ方なのでバックアップ時まで巻き戻る羽目に。ちなみに起動中にフリーズする物はUSBケースに入れ替えても駄目な壊れ方。ファームウェアを更新しても駄目だったので廃棄しかないですね。6年くらい前に安売りしてたので4台まとめ買いしたのですが、これで最後の1台も壊れてしまいました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

UO Endless Journey始動

メールが届きました(英文)。

以下は原文をGoogle翻訳で翻訳したものです

 

Broadswordオンラインゲーム
Ultimaオンラインアカウント変更通知

ご挨拶、

このメールには、Ultima Onlineアカウントの変更に関する重要な情報が含まれています。

Endless Journeyへのアクセスには、120日以上閉鎖されているすべてのUltima Onlineアカウントを使用することができます。 Endless Journeyアカウントでは、終了日なしで無料でプレーできる(いくつかの制限があります)。 さらに、すべてのアカウントはStygian Abyss拡張にアクセスできるようになりました。 新しいEndless Journeyアカウントの種類とStygian Abyssの拡張に関する詳細はこちらをご覧ください。

UOチーム

これは、Broadsword Online Gamesのアカウント管理サイトから自動化された電子メールです。

©2018 Electronic Arts Inc.すべての権利を保有します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

RS-WFIREX3

RATOK(ラトックシステム)のスマート家電コントローラー。スマホなどで赤外線リモコンを使う機器の操作を一括して操作できる物で簡単な操作はAmaqzon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーでも操作出来るというもの。スマホでの操作は外出先からでも可能。手を離せないときに声で家電をコントロール出来るのは思っていた以上に便利。(今のところ、照明とテレビとレコーダーしか設定していませんが・・・)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

旧HOKKAIDOJPNのHP

開設が2002年なので更新日時からいくと2年近くは更新していた模様。いまや1日に数人しかプレイされなくなってしまいましたが、あの頃はDEMO版最高の32人満員になることが多く、管理人自身でさえログインに苦労する状態でしたが盛者必衰のことわりといった感じですね。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/7731/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Amazon Echo Dot

2か月くらい悩んでいたのですが、期間限定で1500円くらい安く売っていたのでGET。買う前は買う意味があるのかどうかとも思いましたが使ってみると想像以上の便利さ。意外と小さく、ツナ缶より一回り大きいくらいなので場所もとりません。機能についてはスキルを導入することで拡張されていくので今後の展開にも期待。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Googleの認証テストを受けていない端末などが制限される予定?

認証を受けた端末かどうかはPlayストアアプリの設定を開き1番下を見るとわかるのですが認証されていない端末の場合、今後Google製アプリの使用やGoogleサービスの利用が出来なくなるとの事。

Xperia XZでは(当然)上の画像の通り認証されていましたが、中国メーカーの中でもマイナーなメーカーのタブレットでは予想通り認証されていませんでした・・・。メーカーが認証テストを受けていない以外にもカスタムROMを入れていたりした場合も未認証表示になるらしいとのこと。さらに調べてみるとroot化された端末でも未認証表示なる場合があるという書き込みも。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !